株式会社エコバード:産業廃棄物とは

産業廃棄物のことならエコバードにお任せ下さい


定義

産業廃棄物とは、工場などの事業活動に伴って排出される廃棄物のうち法律で定められた20種類の廃棄物のことです。このうち、特に管理の必要なものを特別管理産業廃棄物と定めています。

責任

産業廃棄物の処理責任は排出事業者にあります。従って、その処理は排出事業者が自ら実施するか、産業廃棄物処理業の許可を有する処理業者に委託して実施しなければなりません。

処理方法

産業廃棄物は、その処理に特別な技術を要することが多いので、廃棄物の種類に応じて分別・保管・収集運搬・中間処理・最終処分(埋立)の各処理ごとにその処理基準が設けられています。

産業廃棄物種類

あらゆる事業活動に伴うもの 燃えがら(石炭火力発電所から発生する石炭がらなど) 汚泥(工場排水処理や他の製造工程などから排出される液状のもの) 廃油(潤滑油、洗浄用油などの不要になったもの) 廃酸(酸性の廃液) 廃アルカリ(アルカリ性の廃液) 廃プラスチック類 ゴムくず 金属くず ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず 鉱さい(製鉄所の炉の残さいなど) がれき類(工作物の撤去に伴って生じたコンクリートの破片など) ばいじん(工場の排ガスを処理して得られるばいじん) 特定の事業活動に伴うもの 紙くず(建設業、紙製造業、製本業などの特定の業種から排出されるもの) 木くず(建設業、木材製造業などの特定の業種から排出されるもの) 繊維くず(建設業、繊維工業から排出されるもの) 動植物性残渣(原料として使用した動植物に係わる不要物) 動物系固形不要物(と畜場において処分した獣畜、食鳥処分場において処分した食鳥) 動物のふん尿(畜産業から排出されるもの) 動物の死体(畜産業から排出されるもの) 上記の19種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの(例えばコンクリート固型化物)

特別管理産業廃棄物の概要

特別管理産業廃棄物分類
種類 備考
廃油 揮発油類、灯油類、軽油類(引火点70度未満)
廃酸 水素イオン濃度指数(pH)が2.0以下の廃酸
廃アルカリ 水素イオン濃度指数(pH)が12.5以上の廃アルカリ
感染性産業廃棄物

医療機関等から排出される、血液、使用済みの注射針などの、感染性病原体を含む又はそのおそれのある産業廃棄物

特定有害
産業廃棄物
廃PCB等・PCB汚染物・PCB処理物 廃PCB等・PCBに汚染された紙くず、廃プラスチック等。
廃石綿等

建築物から除去した、飛散性の吹き付け石綿・石綿含有保温材、及び、その除去工事から排出されるプラスチックシートなど。大気汚染防止法の特定ばいじん発生施設を有する事業場の集じん装置で集められた飛散性の石綿など。

その他の有害廃棄物

有害物質(水銀、カドミウム、鉛など)について、環境省令で定める基準に適合しないもの。

最終処分場の概要

最終処分場分類
遮断型最終処分場

周囲をコンクリート等で固め、雨水等が入り込まないよう覆いを設けるなど、有害物の外界への浸出を遮断した処分場。産業廃棄物のうち、有害物質(アルキル水銀、水銀、カドミウム、鉛、有機りん、六価クロム、ひ素、シアン、PCB、セレン)を含む燃え殻、汚泥、ばいじん及び鉱さいが対象。

管理型最終処分場

地下水等の汚染を防止するため、底にシートを張る等の遮水工事を行い、浸出した水を集め、水質汚濁防止法に基づく排水基準を満たすよう処理して公共用水域に放流する設備を備えた処分場。遮断型処分場又は安定型処分場の対象である産業廃棄物以外の産業廃棄物が対象。

安定型最終処分場

廃棄物の飛散及び流出を防止する構造を有する処分場。性質が安定しており生活環境上の支障を及ぼすおそれが少ないと考えられる安定型産業廃棄物(廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、がれき類等)のみが対象。

産業廃棄物管理表(マニフェスト)制度

平成13年4月から排出事業者は、最終処分までの処理が適正に行われるよう必要な措置を講ずるよう努めるとともに、最終処分の確認が可能となるよう下記の義務が課せられました。

  1. 最終処分の終了した旨を記載した管理票の写しが管理票の交付後90日(特別管理産業廃棄物は60日)以内に返送されないときに、状況把握及び適切な措置を講ずること。(※中間処理を経由するときの最終処分(再生を含む。)の終了報告は、最初の交付から180日以内。)
  2. 上記1.の義務等の管理票に関する法律上の規定に違反した者を措置命令の対象とした。