株式会社エイトバード:建物解体

エイトバードの建物解体がとにかく安い

なぜ安くなるの?独自のリサイクルシステムを構築しているからです。

通常、解体された建物は、廃材として産業廃棄物処理されるため、多額のコストがかかります。エイトバードでは、解体後、グループ内の産業廃棄物処理会社(株式会社エコバード)によって、廃材をできる限り「リサイクル」できるように分別し、資源として再生できるものを無駄なく活用しています。それが独自のシステム「Ecobird Ricycles エコバードリサイクルズ」です。また、解体から再生処分まで一貫体制により、運搬費の軽減などもコスト削減の理由です。

ご相談・お見積もり無料!どんな小さな解体もどんなに大きな解体も、とにかく一度ご相談下さい。

解体費用のコストダウンをご提案させてください。

豊富な解体工事の取引実績!

不動産取引の中で発生する建物解体の部分を電話一本の依頼でお引き受けいたします。

解体を安くあげるには専門業者直結が一番!

小さな工事でも喜んで引き受けます。

解体時に出るゴミ処分などもご相談ください。

とにかく解体で戸惑ったら、ご相談ください。

お急ぎの方は考慮いたしますt。最短で翌日着工できます。お客様に優しく親切をモットーにしています。損害賠償保険に加入しています。騒音、振動、粉じんなど細かな配慮を致します。

あああ

静岡県知事(登17)第317号

料金について

お見積もり
1.現場調査
電話でもおおよその見積もりを出してくれる業者もありますが、調査をすることにより、適正な費用を算出することができます。 お立ち会いの上、建物内部を見せていただけると、石綿(吹きつけアスベスト及び保温材)の有無などの確認など正確な費用を算出することができます。
2.見積書ご提出
現場調査に基づき、見積書をご提出し、見積もり内容の説明・ご確認・納得していただいた後、工事日程を決めお客様と弊社との発注書(契約書)をかわし工事開始をさせていただきます。
工事前
3.近隣挨拶
実際に解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をおかけすることになります。もちろん私たち解体業者もしますが、近隣の方にご挨拶しておきましょう。
4.ガス引込配管、電気配線の地境撤去の手配
(浄化槽のある場合、フン尿の事前汲取りの手配)
5.建築リサイクル法による解体届けの提出
延べ床面積(解体対象建物)が80m2(24坪)以上の場合は、各住居市役所建築指導課への建物リサイクル法による解体届けが必要になります。必要書類は、弊社でご用意提出いたします。この際、お客様のご署名ご捺印が必要となります。
本工事
6.足場養生の組立
解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリを防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にします。
7.工作物などの撤去
建物から手作業で撤去できるもの(下記)を撤去します。たたみ、サッシ、断熱材、建具、瓦、内部造作、住宅設備機器、石膏ボード、不要品(タンス・衣類など)
8.建物本体の解体
壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし撤去していきます。ほこりが飛ばないように、水をまきながらの作業となります。
9.廃材の分別・収集・搬出
現場で廃材を木材、鉄、プラスチック、コンクリート、ガラスなど分別を行います。細かなものは手作業で分別をしながらの作業となります。
10.地中の確認
解体終了後、廃材が地中に残ったりしていないか、その下にコンクリートが入っていないか、確認します。
11.整地
地面を平らに整地します。後日駐車場にする場合は別途工事として採石などを敷いたり、アスファルト舗装を施します。
12.工事完了
工事完了です。可能であれば残存物がないか立会い確認しましょう。
13.家屋取毀証明書の提出
工事完了後、家屋取毀証明書・印鑑証明・謄本を弊社にてご用意し、お客様へお渡し致します。法務局へのお届けに関しては、お客様へお願いしておりますので、書類が届き次第お願い致します。

許可登録番号【解体工事】

工事の規模・内容により価格が異なるので、お電話でご相談いただくか、メールにてご依頼下さい。